東武住販からのお知らせ

不動産の「オーナーチェンジ」、「リースバック」の事業を積極的に推進します。

 当社は不動産売買事業の一環として、以前より中古住宅や賃貸物件等の不動産の「オーナーチェンジ」、「リースバック」を手掛けておりますが、今後さらにこれら「オーナーチェンジ」、「リースバック」の事業を積極的に推進してまいります。

 「オーナーチェンジ」の事業を推進する背景には、日本の人口減少と賃貸アパート等収益物件の増加があります。日本の人口は、昨年の国勢調査で初めて前回調査から減少したことが確認され、今後も漸減が予想されております。一方で、賃貸アパート等の収益物件は、相続税対策の有力な手段として増え続けております。結果として、賃貸住宅の需要と供給にギャップが生じ始めており、賃貸アパート等の収益物件の経営が困難になりつつあります。また、収益物件のオーナー様の高齢化も進み、経営から退きたいというご意向をお持ちのオーナー様が増えており、収益物件の「オーナーチェンジ」に拍車をかけている状況にあります。

 当社はこのような状況から、当社の管理する収益物件のオーナー様のお悩みに真摯に向き合い、一つの解決手段として「オーナーチェンジ」もご提案しておりますが、今後より多くの「オーナーチェンジ」に買主として、あるいは売買の仲介事業者として関与してまいります。

 次に「リースバック」の事業を推進する背景には、資産の換金と住み慣れた家に対する愛着という二つの課題があります。資産の換金とは、住んでいる家以外に主だった資産をお持ちにならない方に住んでいる家をご売却いただいて換金していただくことです。特に高齢者の中には、年金以外に収入のない方が多いため、住んでいる家を換金する手段は有効ではないかと思われます。一方で、長年住み慣れた家を出ていくことにためらいを覚える方も多く、この二つの課題を解決する手段として「リースバック」があります。「リースバック」は、住んでいる家を当社に売却していただき、売主様には現金が支払われるとともに、引き続き住み慣れた家に住んでいただくことができます。

 当社は、家をお持ちの方が老後の豊かな生活を実現すべく、「リースバック」の買主側に立って、住み慣れた家を換金する事業を推進してまいります。当社にとっても、中古住宅の買取再販事業を主力事業として展開するうえで中古住宅の新たな仕入手法として、あるいは賃貸収入という安定的な収益源を得る方法として、「リースバック」の事業を推進することに意義があると考えております。

 

以上

  2016/08/01
ページの先頭へ